サライ
『和樂』×椎名切子(GLASS-LAB)

キリコレンジャー

江戸切子と浮世絵が合体し、モダンなミニグラスに変身
スプリングセール
16,720円
4,180円
[%OFF]


【注意事項 必ずお読みください】
※在庫マークに×がある商品は完売です。
また、在庫がある場合でも、カートに入れた時点では、在庫確保にはなりません。
お支払い方法、お届け先の入力後、「注文を確定する」ボタンを押したところで在庫確保となります。
カートに入れたまま、ほかの商品を見ている間に、別のお客様に在庫が引きあたる場合があります。
在庫僅少品が多いため、ご注意ください。


※セール品につき返品は受け付けません。
不良品については、当社にて不良確認の上、ご返金の対応をさせていただきます。
交換対応は致しかねますのでご了承ください。
商品コード
A2900800220
発売日
2024/02/02
カラー
北斎BLUE
個別送料
0円
国芳RED
国芳RED
在庫:
16,720円
4,180円
[%OFF]
北斎BLUE
北斎BLUE
在庫:×
16,720円
4,180円
[%OFF]
在庫なし
写楽YELLOW
写楽YELLOW
在庫:
16,720円
4,180円
[%OFF]
広重GREEN
広重GREEN
在庫:
16,720円
4,180円
[%OFF]
歌麿PINK
歌麿PINK
在庫:
16,720円
4,180円
[%OFF]
〇 在庫あり
在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。
△ 残り僅か
在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。
□ お取り寄せ
お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
予約商品につきましては商品ページに別途お届け目安時期を記載しております。
× 在庫なし
売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。
キリコレンジャー

 国芳、北斎、写楽、広重、歌麿の傑作浮世絵の一部を江戸切子のグラスの底に描いた5色展開のミニグラス。五大絵師を戦隊ものに見立て、その名も「キリコレンジャー」と遊び心のある命名だ。
 雑誌『和樂』との共同開発でプロデュースしたのは、東京のガラス工房「椎名切子(GLASS-LAB)」である。
「江戸切子は飾るだけでなく、日常で使ってほしい」との代表・椎名隆行氏の想いが形となった。
 製作は隆行氏の父・康夫氏と、弟であり「椎名硝子」3代目の康之氏が担う。康夫氏は、グラスの側面や下部を平らに削る江戸切子の技法、平切子の名人。この技術を持つ職人は全国で10名もいないという。また、康之氏は、噴霧した研磨剤でガラスを削って絵を描くサンドブラストの技術が世界レベル。このミニグラスは、隆行氏を含めた椎名親子の力の結集なのである。
 側面に花びらのような優美なカットを施し、底には浮世絵の象徴的な絵柄をあしらった。色付けはグラスに薄い透明金属膜をコーティングして焼き付ける「ラスター」という技法で行ない、その光沢がじつに魅力的だ。
「グラスに透明な液体を注ぐと、底の絵柄が側面の平切子の部分に反射し、万華鏡のように絵柄が広がります。酒を飲んではグラスを眺め、心豊かな時間を過ごしていただきたい」と、隆行氏は語る。

詳細
約口径5.5×高さ7cm、約100g。ソーダガラス(ラスター加工)、容量約100ml。食洗機使用不可。木箱付属。日本製。

※色柄の出方やサイズに若干の個体差が生じます。

商品特長

喜多川歌麿の『婦女人相十品 ポッピンを吹く女』は町娘の口元に注目。パープルがかったピンクが妖艶。
喜多川歌麿の『婦女人相十品 ポッピンを吹く女』は町娘の口元に注目。パープルがかったピンクが妖艶。
左から隆行氏、父の康夫氏、弟の康之氏。創業の祖父からの技術を父から子へと継承している。