ART GALLERY
藝大アートプラザ

吉田周平「青瓷の器」

「瓷」は固く焼かれたきめの細かい焼き物という意味
18,700円
商品コード
A9800701720
発売日
2022/09/30
カラー
米色瓷ぐい呑
個別送料
900円
灰瓷茶碗
灰瓷茶碗
在庫:×
77,000円
在庫なし
米色瓷ぐい呑
米色瓷ぐい呑
在庫:×
18,700円
在庫なし
青瓷皿(円形文様)
青瓷皿(円形文様)
在庫:
55,000円
青瓷皿
青瓷皿
在庫:
55,000円
※本商品は作家の手作りによる、アート作品となります。
量産品にはない、商品の個性をご理解いただき、ご注文をお願いいたします。

※本商品は実店舗「藝大アートプラザ」と在庫を共有しております。
作家の手作りによるアート作品を、より多くの方の目に触れていただけるよう、
実店舗「藝大アートプラザ」および本サイト「小学館LIFETUNES MALL」で同時にご注文を承っております。
本サイト上でご注文手続きが完了しても、実店舗でのご注文が既に入っていた場合、
もしくは弊社サイト上でもご注文完了が先に成されていた場合は、ご注文をお断りさせていただく場合もございます。
このような事態になった際は、ご注文者様に小学館LIFETUNES MALLより個別にご連絡させていただきますので予めご了承をお願いいたします。
〇 在庫あり
在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。
△ 残り僅か
在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。
□ お取り寄せ
お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
予約商品につきましては商品ページに別途お届け目安時期を記載しております。
× 在庫なし
売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。
吉田周平「青瓷の器」
[作家からのコメント]
大学3年次に中国の宋時代にあった官窯で焼かれた器と岡部嶺男の作品に出会い青瓷を作ることを志しました。
青瓷の「瓷」は固く焼かれたきめの細かい焼き物という意味で、磁器土を胎とした青磁と区別しています。
青緑色の「青瓷」と植物の灰を多く含む「灰瓷」や焼成で中性炎還元することで「米色瓷」など釉薬の研究に力を入れています。
釉薬と粘土の熱膨張率の差で生じる貫入の見え方とそれぞれの釉薬に見合う形にこだわり制作しています。
青瓷の釉薬は透明に近い色をしており、厚く何層も釉薬を重ねたのち還元焼成することで青くなります。
そのため作品が重くなりがちなので生地を出来るだけ薄くろくろで成形しています。

[吉田周平 プロフィール]
1979年 石川県生まれ
2011年 同大学大学院美術研究科修士課程陶芸専攻 修了
2014年 銀座黒田陶苑にて初個展(以降毎年開催)
詳細
灰瓷茶碗 約口径15.5×高さ7cm、約330g。陶土、ロクロ成形、還元焼成。
米色瓷ぐい呑 約口径7×高さ4.5cm、約75g。陶土、ロクロ成形、中性焼成。
青瓷皿A (円形文様) 約幅20×奥行き20×高さ2.5cm、約445g。陶土、ロクロ成形。
青瓷皿B 約幅18×奥行き18×高さ2cm、約480g。陶土、ロクロ成形。
電子レンジ不可。食洗機使用不可。日本製。
※手作りのため、「米色瓷ぐい呑」は、色の出方やサイズに個体差が生じます。
※1点のみの作品のため返品・キャンセル不可。